信為疑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

息が減った

 他人の寝息を、うるさく感じた。

 でも、その人はイビキをかいているわけではない、すやすやと安らかに息をしている。では、だったらなぜうるさいと感じたのかを考えているうちに、気がついた。

 自分があまりにも息をしていないことに。

 1分の間に何回息をしているのか計ってみた。

 6.5回

 3分間では、18.5回だった。

 これは、成人男性が寝ている時の呼吸回数の半分~1/3の回数だ。座った状態での測定だった。

 酸欠で死なないのは、きっと深呼吸をしているからかもしれないと思ったが、むしろ常人より浅い呼吸しかしていなかった。要領的にはだいたい2/3。

 深く息を吸って、止めてみる。
 102秒我慢することができた。
 最後に計ったのは子どもの頃だが、当時より倍近く伸びていた。
 呼吸回数と吸引量的には200秒くらいいけるんじゃないかと思っていたが、そうはならないようだ。

 ヨガや水泳で心肺能力を鍛えている訳じゃ無い。自転車が趣味であるが、週50㌔ほど移動に使うだけでトレーニングはしたことがない。

 不思議である。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<身体に良いカレーとは | HOME | 教えるではなく、考えさせる事>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

他人の寝息が、うるさいと感じた。だが、その人はイビキをかいているわけではない、スースーとスムーズに息をしている。では、どうしてうるさいと感じたのかを考えているうちに、気がいるのか計ってみた。6.5回続いて2分延長してみたところ、18.5回だった。これは、成人男... …
2012-04-14 Sat 03:11 まとめwoネタ速suru
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。