信為疑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

WHOに精神病にされました

WHO 菜食主義は精神病 ホモはOK

 今のところは誰もが異常を感じる発言だが、やがてそれが当たり前の感覚として根付きかねない。
 感覚変換は容易だ。
 人間は元々狩猟民族で、動物性タンパク質は必要不可欠なものであるとか、獣肉は栄養価が高いから流行病にかかりにくいとかいう学者を連日TVで放送するだけで、獣肉信者が大量生産されるだろう。
 次に「頭のイカレた部類の菜食主義者が子どもの自由と健康を奪っている!」というメディアを流し、それを真に受けた獣肉信者が、子どもに肉を食べさせない家庭をみつけようものなら、善意にしろ悪意にしろ警察に通報し、菜食主義者の親権は奪われることになるだろう。
 家畜に含まれた成長ホルモン・農薬・ストレス性物質等々が身体にどのような影響を与えるか熟知しているというだけで、愛する我が子に会えなくなるのだ。

 愛の病気に関しては、正常な愛と異常な愛の定義付けから始まっていくだろう。

「同じクラスの静香ちゃんのことが気になって勉強ができない、静香ちゃんが僕じゃなくデキスギ君のことが好きだと知ってからは日常生活もままならない。静香ちゃんを世界で一番愛しているのはこの僕だ! 静香ちゃんが家に帰るまでずっと陰で見守っているんだぞ!」

 こんな感じで殺人に発展する話はそこら辺に転がっているので、大々的に報じればいい。(無関係な人が多く巻き込まれているものであれば尚効果的だ)
 次に警察が確保したストーカー予備軍などを異常愛者として精神病院に監禁、薬付けの治療でまともな恋愛ができるようになりましたと報道する。

「行き過ぎた愛は他人を不幸にします。次の症状に該当した方は病院へ!
 高校生にもなって恋愛感情を一度も抱いたことのない貴方は将来の結婚生活に支障を来しかねません! まずは病院へ!
 独身税を払うより幸せになれるお薬を買おう!」

 後は薬に不妊剤や殺精子剤を解らない程度に組み込んでおけば平和的人口調整が実現する。

----------------------------------------------------------------------------------------

 話変わって、肉を食べない菜食主義者は身体に必要不可欠なタンパク質が取れないから不健康だという指摘をされる前に追記しておく。
 日本人が欧米人に比べて長い腸を持っていることはご存じだろう。
 野菜に含まれる食物繊維は、栄養が空になった後も腸内を巡りて腸内細菌の餌となるのだ。そしてこの腸内細菌は良質なタンパク源である。
 よく野菜ジュースと称して食物繊維を取り除いて腸内細菌をリストラしている輩がいるが、とてももったいなく思う。
 第一、歯があるなら噛めよ! こめかみの辺りが気持ちいいじゃないか。 病人じゃあるまいし。

 豆類、穀物、木の実も良い。
 味噌や納豆などの発酵された大豆食品はグッドだ。
 獣肉のようにリンや酸を出し肝臓に負担をかけることもない。
 ちなみに乳製品も実は動物性ですから。(冗談抜きで知らない大人がいた)

脳がよみがえる断食力

 世界は広い、日本人のように玄米さえ食ってればなんとかなる生き物もいれば、芋しか食わないのにアンモニアからタンパク質を生成して全員マッチョな民族もいる。肉しか食わない人種もいる(早死にだが)。

 短足も捨てたもんじゃない。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ワクチン義務化

 予防接種が義務化!
 新型インフルエンザ対策特別措置法案が可決

NHKニュース

 ワクチンの考察をよくまとめてあるブログ(ビルゲイツが失脚するかどうかはまだ解らないが、それ以外は解りやすい)
Youdie's blog

 そういえば、今日はハッカー集団アマノニスが世界中のインターネットをダウンさせると予告した日だ(日本時間では明日)
 アマノニスは犯行宣言した後に大量逮捕されたと言われているが、これがごっこ遊びなのは充分ありえるわけで……。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

餌を拵えてたに御座った

 ↓を見たとき。
【拡散希望】 全世界で陰謀犯罪者、大量逮捕のテレビ報道近し #newsjp #TPP

 ↓の3分50秒~4分55秒に被った。(指定範囲以外は見ない方が良い)




 光 止み 地 静まる

 このところ毎日のように震度1以上の地震6~8度は起っていたが、それがピタリと止んでしまったという。
 麒麟研究所は、度重なる異常事態に戸惑っていることだろう。

 私もだった。
 もう振り回されるのは止めだ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

近日中に311の2倍以上の津波を示唆(麒麟地震研究所)

キリン研究所の計器が異常な反応を示したようだ。
近日中に311の数倍以上の津波が起るという。

この研究所は311と昨日のメキシコ地震の前兆を捕らえて事前にツイートしていただけに要注意が必要だ。
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11198430401.html
https://twitter.com/#!/kirinjisinken

まずは落ち着いて行動を。
気分転換に2018年に月からナチスUFO軍団が地球襲来するSF映画の紹介でも。
(映画写真削除 2012/3/23 7:24)
http://gigazine.net/news/20120321-ironsky/
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いつも出迎えてくれる犬の謎

 かなり前、10年以上昔に観たTV番組に興味深い特集がやっていた。

 主人が帰ってくると、ペットの犬がいつものように玄関で出迎えてくれる。というのは、ペットを飼っていない人にも広く知られるシーンではあるが、時計の見方も携帯の使い方も解らない犬がかなりの高確率で飼い主より早く玄関で待機している様は、よくよく考えてみると人間業じゃない。

 そんな疑問から研究がスタートして行われた実験がある。
 主人が家を留守にしてから帰ってくるまでの間、犬を隠し撮りして行動を観察するのだ。

 主人が家を出ると、それから犬は自由気ままに行動していた。
 どうやらずっと玄関で待機していたわけではないようだ。

 数時間後、犬はなんの前触れもなく玄関の方へ走っていった。(携帯電話や時計を眺める様子はない)
 そして犬が玄関の前でシッポを振っていると、ドアが開き主人が帰ってきた。

 これを見た多くの人は音で察知したと言い、次に臭いと言い、少数が振動で気づいたのだと言うだろう。しかし、主人がゴム靴を履いて音を減らしても、室内を密閉して臭いが入らないようにしても、犬は普段と変わりなく主人を出迎えた。

 音でも臭いでも振動でもない。
 その答えは、人間自身が生み出す波動にあった。
 全ての物体(虫や葉も)固有の電磁波層を周囲に形成している。人間の場合、歩行することで電磁波が発生するという。
 電磁波の波形には個性があり、犬はその微弱な電波をキャッチして主人の帰りを察知したのだそうだ。
 犬は主人が家に着く数十メートル前から察知する。犬によっては600メートル離れたところかも察知すると言っていた。
 なんとも凄まじい能力だが、実はこの能力、人間にも備わっているという。
 感覚遮断室に入って研ぎ澄まされた人に、人工的に作り出した人間のが発する電波を浴びせると、なんと違和感(気配)を感じるのだ。
 察知できる距離は50cm~100cm程度と犬に比べればまだまだ微弱だが、それでも大衆を脅かすには充分だろう。

 人間がもつ本来の力を、それが日常生活で如何に鈍感にされているかを"言われずとも考えさせる"ネタである。

 前置きもなく携帯電話や電子レンジを使うとガンになると言って変人扱いされるリスクを減らし、小難しい医学話で興味を反らすことにも使えるだろう。
 
 ただ、かなり昔に一度みた限りの番組なので、所々間違っていたり抜けているところがあると思う。
 TVは信用していないので、ちょっと調べてみたが、人間にも犬にもそんな微弱な電磁波を受動できる気管はないという。
 どうしたものか。

 ついでに面白怖いものを見つけてしまった。
 準静電界通信 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20090609/171515/
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

信頼のない者が言う真実は戯言に変わりない

 一度失った信頼を取り戻すには、墓穴にワインタワーを積み上げるだけの覚悟が必要だ。
 足場は悪い、見栄えも悪い、崩れたら土をかぶり墓標となるだけだ。

 信頼を一番に損なうものは「嘘」ではなく「嘘つきだと思われること」である。
 政府、マスコミ、宗教指導者、詐欺師らはこのことを充分に踏まえている。特に政府マスコミ教皇は長年に渡って嘘をつきながらも嘘つきだと思われない手練れである。
 彼らがこれをやってのけるポイントは「自分達の他に信られるものを大衆に持たせない巧みな心理操作」だ、人間は信じることに依存する生物であり、例え疑わしいと感じても、他に信じられるものを持たない者は信じるしかない。やばくなったらトカゲのシッポ切りで丸く収める。

 かなり先手を打たれているのがよく解る。
 以前、一般人Cに911の話をした時のことだ、
 聞き終えたCは「(貴方は)陰謀系大好きなんだね! あれ知ってる? 陰謀をネタにするお笑い芸人!」と笑って言った。
 あのとき私は、予め用意しておいた台詞を読み上げることしかできなかった。

「陰謀と聞いて面白おかしな気分になれるのは、陰謀が漫画やゲーム、お笑い芸人といったものにしか入っていないと思っているからだよetc...」

 人間の頭は、情報をインプットするとき無意識下のうちにカテゴライズする。
 数学は数学、歴史は歴史、どうでもいいものはどうでもいいものに。
 そして普通の人が目にする”陰謀”が何に入っているかといえば、たいていどうでもいいものだ。

 mixiで”陰謀”とコミュニティ検索してみると、それはもう面白いものがずらりと出てくる。
 陰謀論を叫ぶ人を愛するコミュニティ・トイレに入ったら紙がないのは政府の陰謀・「9・11陰謀論を主張する方々」を笑い飛ばす会など、胡散臭い以前にギャグである。

 これをみた普通の人は、一見しただけで「陰謀論者なんてアフォなんだな」と感じるだろう、皆がそう言っているのだから間違いないと思い込むのだ、無意識のうちに。

 お笑い陰謀コミュに特効かけて真実を暴露する陰謀論者もいるが、閲覧者が信じないような証拠では何をやっても笑いのネタを投下するだけで、むしろ逆効果である。
 政府、マスコミは統一された情報を持っているが、陰謀論者は足並み揃っておらず言ってることがバラバラになってしまうのも胡散臭さを助長させている。

 こので話の最初に戻るが、一度失った信頼を取り戻すのは難しいのだ(それ以前に、最初から信頼などされてないので、かなり難しい)

 世の中には

「周りからどんなに罵られてもかまわない
 私は真実を言い続ける
 そして最後には私の言ったことが正しかったのだと理解できるときがくるだろう」

 な調子で情報発信をしている人がいるが、よく考えて欲しい。

 貴方を罵しる相手が、貴方を信じてくれるのか?
 周囲から罵られる貴方の声を、誰が真に受けるというのか?
 貴方が罵しられるように先手を打ったのは、貴方が罵られることで得をする、貴方が憎むべき相手ではないのか?

 貴方が信じてもらいたい相手は、憎むべき相手でも、苛立つ相手でもないはずだ。
 貴方が今まさに声を上げるのは、最後になってからでは遅いと感じるているからだ。



 前置きが長くなったが、何が言いたいかというと。
 このブログには初級者が拒絶反応を起こすようなネタはなかなか出てきません。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

毒物回避の情報発信サイトデザインを考える

 さて、今やスーパーマーケットに並べられたほぼ全ての食品(?)が毒物入りな訳だが、毒物であと言える証拠も世にある訳だが、何も知らない人々にこの異常事態を伝えるのは難しいと感じたことはないだろうか。

 以前、ダイエット飲料を飲む知人Aにアスパルテームの歴史背景と医学的研究結果を話してみた。話を聞いた彼は面白かったと言ってくれた。
 翌日、彼はアスパルテームが入っていないドリンクを飲んでいた。ただし、そのドリンクにはブドウ糖果糖液糖とその他化学薬品が入ったソーダドリンクを飲んでいた。アスパルテームさえ入っていなければ大丈夫だと思ったのだろう。

 次の知人Bには、もっと感覚的にわかる手法を試みた。
 マクドナルドのハンバーガーを食べる彼に、そのハンバーガーはカビすらも寄せ付けない化学製品であることを動画を用いて説明してみた。
 彼は「マジかよ! なんてこった!!」と驚愕した。
 その後しばらくして、更に驚愕すべき光景を目撃することとなった。男性Bはモスバーガーを食べていたのだ。
 マックでなければ大丈夫だと思ったのだろう。

 エクセレント。
 男性A・Bへの賞賛ではない、ここまでヒューマンという種をおとしめてくれた者達への種案にだ。

 知人AもBも、他に危ないものが無いか聞いてくるようなことはなかった。
 どうして気にならない?
 男性A・Bは世間的に知識人に分類されるタイプなのだが……。

 もし啓発系情報を発信するのであれば、どういう者達を相手にしなければならないのか知っておく必要があるだろう。

 どんなに毒物の存在を示す証拠があっても、ファーストパンチには使えない。
 だからといって、証拠を用いずにただ食べちゃいけないものリストをあげても、空を切るだけだろう(試すまでもないと思っているので試してません)

 そこで、一般人が理解しやすい方法を一つ考えてみたので、以下に記しておく。

1・2011年度、悪徳を働いた世界一の企業に選ばれたのは、世界一の多国籍バイオ化学メーカー
2・モンサントの素晴らしい経歴の説明
3・モンサントはモンサント食品を食べない、モンサントが一部の従業員向けに危険から身を守るために配ったいリスト
4・リストの中で危険性の高いものから順にその理由を説明していく
5・家庭菜園とか、スーパーフードとか、解毒方とか

 1~5は好奇心→疑問→事実確認→恐怖→対処法→安心という構図になる。
 1・3をくっつけて「2011年度、最悪の企業が言った食べてはいけないものリスト」なんて見出しも良いだろう。
 モンサントはロックフェラーも手を焼いたじゃじゃ馬だ。
 調子に乗りすぎてヨーロッパでは手痛い敗北をきした、これほど剥き出しになったアキレス腱を狙わない手はないだろう。

 こんなものでサイトが良くなると感じたら、勝手にご使用ください。

 ファーストパンチはモンサントだ。


 追申:モンサントが一部の従業員向けに配った1000項目にも亘る身を守るためのリスト? があるはずなんだけど、自分ではみつけられませんでした。どなたか教えて下さい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

真実を受け入れる度量

伝えたい想いだけでは、伝わらない。
相手にも準備が必要だ。

一般人は政府とマスコミを信じている。
他に信じられるものがないので、安心するために政府とマスコミに依存する。

彼らが疑いをもつネット上で、彼らが信じている事と真逆のことを言い、彼らの理解を求めるのは無茶でなくとも非効率だ。
まずは一般人が信じている情報源(大手マスコミや法律といった受容可能な情報)を使って政府とマスコミの信頼を失墜させていく方が利に適っているだろう。

ただし、これは一般人の安心を奪う行為であることに変わりはない。
信頼できるものを失った一般人は不安になり、また政府とマスコミの元へと戻っていく。
なので、彼らが信頼できる場を用意しておく必要がある。
その場とは、彼らが有益と感じ、尚且つ受容可能な情報を発信し続けるところだ。
真に迫れば迫るほど受容困難な情報種になっていく、長く居る者は受容可能領域も増えていくが、その場では受容レベルの異なる多種多様な人々が集まることとなる。

次のステップに進ませる受容困難な情報種が提供しにくくなるジレンマが発生する。

彼らが継続して信頼を寄せられる場を作ることは、一時的な信頼しか得られないメディアを作ることよりも難しい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

啓発ビデオ制作意見交換所

真実を伝えることよりも
知的好奇心をくすぐり
自ら調べる敷居を下げることを目的とした動画立案

シーンを入れ替えたり、新しく作ったりして良い動画を作って行けたらと思います

動画構成
シーン1 タイトル
『ビル・ゲイツ氏が描く 誰も見たことのない世界』
(大衆が無意識に信頼と興味を抱くもので 陰謀とは関係なさそうなもの)

シーン2 オープニング字幕
『人々がコンピュータを使える世界に変え 1秒辺り1万円を稼ぎ 1万回の人生を遊んで暮らせる全ての財を50年以内に慈善事業で使い切ると公言した男が 夢に見た世界がある――
 2010年?月?日 カリフォルニア州ロングビーチで行われたTED2010会議で
選びぬかれたセレブ達を前に ゲイツ氏は「ゼロへの革新」と題した演説に思いを込めた』
(大衆が鵜呑みにする金・地位・名誉で信用補強)

シーン3 ビデオ1 http://tr.loopshoot.com/id/767 (4分あたりから CO2方程式の人工削減の必要性と方法について抜粋)全容が見られるURLも記載しておく

シーン4 字幕2『ゲイツ氏は 新ワクチン 保険医療 生殖関連で いったいどのような成果をあげれば 10億もの人間を減らせるというのか?』(視聴者が混乱しているところでNo.5へ)

シーン5 ビデオ2(ゲイツがワクチンに寄付した金額を語るシーンとか)

シーン6 字幕3『ワクチンの中身』  資料1 ワクチン特許項目にある毒物の強調と解説
 (大衆は公的機関に絶大な信頼を寄せている。特許内容は公開されていて誰でも見ることができるということと、その調べ方を記しておけば視聴者は信用せざるおえない。例え自ら調べることはなくとも)

シーン7 ビデオ3 ワクチンの作られ方 http://www.youtube.com/watch?v=N7kkpFegmeM 1m10s~2m45s  (コメディー調ではないものが良い)

シーン8 資料2 ワクチン摂取による被害(先ず製薬会社が認めている害、続いて独立研究機関が警告している害 〆にワクチン摂取による健康被害に医師や製薬会社は責任を負わないようにする法律)

シーン9 ビデオ4 2012年2月10日に日本のマスコミがこぞって報道した国立感染症研究所の発表『インフルエンザ流行がピークに達し、医療機関を受診した患者数は推定211万人になる』という報告
(視聴者は遠い外国の話だと人ごとなので、日本人にも関係があることを臭わせておく)

シーン10 字幕4『政府は、強毒性の新型インフルエンザが流行すれば、国内で最大64万人が死亡すると推計 2012年?月?日 2013年に全国民のワクチン摂取を想定した特別措置法案が国会に提出された』+ http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120306-OYT1T00656.htm
(大衆は政府を信じている。マスコミが大衆に植え付けた恐怖は視聴者の集中力を高めるので、インフルエンザには危険がないことはまだ黙っておく)

シーン11 資料4 パンデミック対応法のワクチン強制接種について
(パンデミック時、日本でもワクチンが強制されることを暗示させる)

シーン12 字幕5『インフルエンザ騒動はどのようにして起るのか』
『2009年4月 新種のインフルエンザがメキシコで発見された』
『このH1N1型と命名された新型インフルエンザは 急速に感染拡大しているとして 2ヶ月後にはWHOは最高警戒水準のフェイズ6を敷いた』
『ワクチンの必要性が高まるものの、開発は難航していたとしてパニックになった』
『だがしかし、H1N1ワクチンは2008年8月28日に特許出願されている。新種のウイルスが発見されたのは2009年4月なので、”新種が見つかる7ヶ月も前に、その新種を成分としたワクチンのレシピが特許庁に出願されていた”ことになる』
『これはウイルスが人工的な産物である証拠であり、感染が意図的なものである可能性を示した製薬会社の自供である』
(特許の出願日を調べる方法があれば記しておく)

この後の展開予定
 インフルエンザから身を守る術→それを奪っていく政府と企業→社会に依存しない打開策



-------------------------------------------------------------------------------------------------
まだ未完成です、いかがですか?

陰謀を裏付ける証拠は山ほどありますが、逆に沢山ありすぎて何から伝えてよいのかわかりずらくなっています。
情報量が多くなると編集が困難になり、視野が狭まり、中身も難しくなり、対象とする視聴者が少なくなっていきます。
陰謀論系メディアは数ほどありますが、どれもそのようなものばかりなのはこのためで、本当に重要なことが見つけにくい状態になります。

今一度、情報を厳選し、吟味した組み合わせで再構築する必要があると考えます。

そこでひとつ、皆さんの意見をお借りしたいと思います。

ドキュメンタリー作成に本当に必要なのは博学な知識でもプロクリエイターの技術力でもありません。
人々の印象に残った陰謀を見つけ出す感性と、それらを面白くなるように繋げるセンスと、視聴者がどの程度の説明で理解できるかという共感能力です。

博識な陰謀論者だと、情報沢山ありすぎてネタが絞りきれなかったり、一般人の感覚とズレしまっていたりします。
そういう訳で、どしどしご意見ご感想お願いします。

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。