信為疑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

信為疑、オフ会へゆく

 オフ会に行こうとすると、突然の土砂降り。
 お気に入りの革靴が傷む……。
 雨雲様雨雲様、ボクってばなにか悪いことしましたか?
 やむのを待っていたら遅刻してしまうので、なくなく出発することに。
 家の自転車置き場で見知らぬオバサンを発見。こんな雨なのに手に傘はなく、チョウチンを持っていた。
 そのオバサンはボクと目が合うやいなや「すみません、雨宿りさせていただいてもいいですか?」と訊くので、ボクは「ごゆっくりどうぞ♪」と返して先を急いだ。
 5分歩いた辺りで、雨は激しさを増す。
 大丈夫かなあのオバチャン。
 自宅にいる母に事の次第をメールで伝え、おばちゃんにビニール傘を渡してほしいと持ちかけたが、止まない雨はないと拒否される。一時はそれもそうかと納得するが、夜中まで雨が降り続くかもしれないという天気予報を思い出し、不安がぶり返す。

 時はお盆。
 もしかしたら、あのオバサンはチョウチンの火に親族の霊を灯し、寺に行く途中だったのかもしれない。
 だとしたら大変だ! 世の中にはそんな火を死守しようと躍起になる人だっている。
 雨宿の下、短くなっていく蝋燭を見続けることが、どれだけ辛いことか……。
 感傷に浸っていると母からメールが!
(雨止んだ、オバチャンだいじょうぶだよ(^v^)b)
 一安心するボク。
 オフ会には30分早く到着。これだけ余裕あるなら傘を取りに戻ればよかったね。おかげで余計な心配しちゃったよ。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

まだまだ続く、信為疑の戦い

 お盆です。終戦記念日です。
jagaimo.jpg

 本家からジャガイモをお裾分けしてもらいました。相変わらずの豊作です。
 ジャガイモって農作物の中ではとってもタフなんですよね、埋めればボンボン育ちます。
 うちも戦時中はコイツにそうとうお世話になったそうです。
 一族繁栄を祈って、ジャガイモさんをぶつ切りにしてバターで炒めてい頂きました。マイウ~!


 今日も気持ちのよい暑さだったね。
 今年の梅雨は冷えていたから「真為疑、この夏汗かかない!」と言いきってしまったのに、もう汗びっしょりだよ!

 なぜか尻だけね。

 どーして尻限定で汗かくかなー? 発情期か? ぉぃ。

 もしかして、こないだ贅肉だらけのそいつを「オマエなんかクビじゃボケェえええ!」っと解雇通達したからか?


 それはそうと、未だに告白できません。
 相手に好かれてないって、わかるんだよね。
 好きな人とメールのやり取りで、何度か遊びの誘いを持ちかけたんだけど、その話しをふった途端に連絡が途切れるんだ。

 沈黙という拒否。

 今朝、僕も同じことやってしまったんだ。
 その人が、恋人としても、友だちとしてもタイプじゃなかったから。

 それでも、その人は懲りずにボクのことを誘ってくるだろう。そして、拒まれる。
 そういうボクもまた、同じように挑戦して、拒まれる。

 いつまで続けるんだろう。こんなこと……。


 つらいよ。

 くるしいよ。 

 でも、好きなんだ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お盆休みですね♪



 みなさんはいかがお過ごしですか?
 自宅で先祖の霊を迎えたり、田舎の実家へ返って迎え火起こしたり、人員不足で割高のバイトが増えるこの期に一稼ぎしたりと、いろいろだと思います。

 信為疑はママとバッチャと畑仕事して、ジッチャにお供えして、グーグー寝て、漫画の制作をちょびっと(汗)

 今日は暑かったね~。
 うち、クーラーないから熱さまグッズに完全依存!
 凍らせたジェルをタオルにくるんで首に巻いたり、頭にのせてから帽子をかぶせたりするんだ。
ひんやり帽子

 とっても快適だゾ♪
 今年は冷蔵庫が新型だからしっかり冷えて長く使える♪ 冷えるのも早いから直ぐに使えるから扇風機いらないかも?
 ナショナルの急冷機能がスゲー! 肉を凍らせるだけじゃないんだね!)
 首もとヒンヤリベルトxスペア4本
http://www.kobayashi.co.jp/SEIHIN/ns_khb/index.html


 あしたはもっと楽しくなればいいなー。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

信為偽の三分クッキング

 狩りは食うか食われるか。
 畑に出たら、蚊に食われないように絶えず小刻みに動きながら、食べ頃の野菜を採集します。
 軽く水洗いしたら、綺麗に盛りつけましょう。
 以上で、漢の丸ごとサラダの完成です!
漢(おとこ)の丸ごとサラダ
 あとはお好みのドレッシングをかけて召し上がれ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

恋愛は、趣味思考よりも理解なのかもしれない。

 アインシュタインは科学者のミレーバと結婚し、16年後に別れた。
 エルザと再婚したのは、その4ヶ月後。
 エルザはミレーバとは違い、家庭的な女性だったそうだ。夫が見ている世界はちんぷんかんぷんだったに違いない。
 アインシュタインが相対性理論で有名になった時に、沢山の記者が押し寄せた。
 記者は、エルザにも質問をした。
「エルザさんは、アインシュタイン先生のご婦人でいらっしゃいますが、相対性理論をご理解できましたか」と。
 エルザは答える。
「夫は私に相対性理論について何度も説明してくれましたが、ちっとも理解できませんでした。それでも、相対性理論を考えついた夫を誰よりも理解しているのはこの私です」

 意味深な言葉だった。

 恋人は同じ趣味をもっている方が良いとか、都合の良いライフスタイルや、弊害のない価値観とか気にしていた自分がちっぽけに思えた。

 エルザ婦人は、死ぬまで夫を愛し続けましたとさ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

子供達に差別を強要したらどうなるか…… カナダの小学校が行った実験

2007/11/02

 ドラえもんを観ようとTVをつけてみると、NHK教育で興味深い番組が放送されていた。

 それは、子供達に人種差別の理不尽さを伝える為に行われた特別授業のドキュメンタリー。

 概要を掻い摘んで記してみる。

 1960年代から英米で行われた研究がある。
 アメリカの小学校教師がクラスを「青い目と茶色い目」にわけて、人種差別の理不尽さを伝えるというものだ。
 (当授業も、1988年にドキュメンタリーとして放送されている。)

 今回、特別授業を行ったルブラン先生は、それをモデルとして、保護者や教育機関から許可を得て実験に取り組んだ。

 初日、ルブラン先生は子供達にエセ科学の本を読ませ「134センチより背の低い子は優秀。そしてこれは科学的根拠に基づくものだ」と説明し、背の低い子達が常に優遇されるべきであり、背の高い子達を差別する理由とした。

 最初、背の低い子は眼を輝かせた。
 逆に、背の高い子は顔をしかめた。

 背の高い子は赤いエプロンを着せらる。先生は事あることに背の高い子を背が高いという理由で非難し、背の低い子を背が低いからという理由で褒めた。
 普段は優秀な子でも、抑圧されることで疑心暗鬼になり普段の調子が出せず簡単な問題が解けなかったり、攻撃的になる子もいた。

 他にも先生に真似て差別を始める背の低い子、
 背の高い友達の前で戸惑う背の小さい子、
 疑問に思う生徒もいた。「背の高い子でも優秀な人はいる、背の低い子でも優秀でない子はいるじゃないか」と、だが、先生に身長の差で優秀の善し悪しが決まる科学的根拠があると力説されると反論できなかったのである。
 それでも疑問に思った子が教頭に告げ口すると話していたが、実行には至らなかった。

 翌日、ルブラン先生は生徒達に昨日の差別は実験だったと暴露する。
それを聞いた少年達の顔は表現しがたいものだった。

 先生が昨日の差別について子供達に訪ねた。
 差別をする生徒も、された子供も、差別は嫌だと言った。

 先生は話を続けた、「だけど、実験は間違っていた、この国を引っ張っている背の高い人たちに怒られた、先生はその背の高い人と優秀さを競って負けた、本当に優秀な人は背が高いのです」と

 立場が逆転する

 背の高い子は反撃するかのように、あっという間に差別がまかり通っていた。

 先生が休み時間終了の合図を告げると、普段は校庭で遊んでいた生徒は一列になって並ぶのに、誰も指示していないのにもかかわらず、背の高い列と背の低い列に別れて並んだ。

 このドキュメンタリーの最後は、実験の出来事を反省や悔い改めのようなインタビューで幕を閉じた。

 率直な感想としては、子供達の返答速度に驚いた。上手に編集してあるのかもしれないが、とにかく早く、的確である。
 生徒の誰もがカメラの存在を意識している。
 先生の問いかけもなく、カメラもなかったら、子供達はどうしたのんだろう。
 最後に、優秀でないことは差別の対象にならないのかと感じたのは私だけだろうか?


 当作品は、教育番組の国際コンクールで最優秀賞を受賞している。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

差別 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。