信為疑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

身体に良いカレーとは

 無性にカレーが食べたくなった。

 ほぼベジタリアンになって月日が経ち、このままの食生活で問題ないかな? なんて疑問もとうに消え、自分が本当に食べたいものと量が何となくつかみかけてきた頃のことだ。

 カレーが食べたい、それも本格的な辛口でサラッとしたやつ。

 これまで、カレーには良いイメージがなかった。
 脂っこくて濃い味、香辛料だらけにしなきゃ腐ってしまう大陸ならではの食文化で、日本では不要なものと考えていた。

 以前なら、間違った食欲と判断して避けていたが、食欲の種類に違和感を覚えたので、考えてみることにした。

 ケンタッキーやソフトクリームではなく、粘土の薄い辛口のカレーが食べたくなったのは何故なのだろう。

 そこで、カレーと健康について調べてみる。

1・カレーには漢方薬並の香辛料が使われている、有効成分を生かすためにあまり煮込まないさらりとしたカレーが良い。
2・インド人は胃がんが多い?
3・野球スターのイチローは7年間ほぼ毎日カレーを食べていた それもかなり辛い奴(イチローが胃損傷になったのはカレーではなくストレスという意見もあるが真相は不明)
 どうやら食べたいとイメージしたカレーは何だか凄そうなものに見えてきた。

 イチローカレーについて調べてみると、イロイロ出てくる。カレーにはとどまらないことがわかってきた。

 イチローは16年以上に渡ってユンケル愛用者、ユンケルは高額な程、不味くて効能が高く。安物ほど旨くて効能が低いらしい。2001年からユンケルのCM起用、今では象さんに並ぶマスコット的存在。

 2001年にメジャーに移籍してから8年年間(ビデオでは7年)ほぼ365日、朝昼兼用の食事には妻のお手製カレーを食べていたとのこと
http://www.youtube.com/watch?v=LQ2qAHuzuuQ

 2010年9月24日 TV番組とくダネでイチローカレーが公開
 泥っとしてて見るからに毒毒しい、先の動画でイチローが食べていたものとは似ても似つかない。
 これ、実はとんでもない嘘レシピ。TV局が利潤の為に捏造した情報だった。

 この嘘情報に対し、イチローも反発「全然違うんです。使ってる肉も調味料もそうだし、ジャガ芋だって目を疑うくらいでっかいのが入ってたりする。で、試食して『甘いですね、意外と』なんてやっちゃってる。うちのカレー、本物はめちゃくちゃ辛いんです。これじゃ視聴者に失礼じゃないか、と。だから、僕の口から言わなきゃダメだと思った」と述べる

 2010年11月11日、イチローが実は3年前からカレーはやめて食パンとそうめん生活に移行していたと集英社スポルティーバが掲載

 計算が合わない。
 どこかに嘘があるのではないか。
 嘘をついたとすれば、その理由は何か?

 2012年2月13日
イチローの食生活迫った番組 医療支援団体抗議で放送見送り

 真似されては困るのは本当に肥満だけか?

 頭で考えてもわからないので、欲求に正直になることにした。
 イチローも食いたいモノを食う主義みたいだし。

 そんなこんなで今日は印度亭でお食事。
 リーズナブルな価格だが本格的なカレーが食べられる。安いだけに、野菜も肉も低品質なもので、途中から気分が悪くなったが、スパイスの活力を感じることができた。
 次に食べたくなったら、オーガニックのルーを使ったカレーを作ってみたい。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

息が減った

 他人の寝息を、うるさく感じた。

 でも、その人はイビキをかいているわけではない、すやすやと安らかに息をしている。では、だったらなぜうるさいと感じたのかを考えているうちに、気がついた。

 自分があまりにも息をしていないことに。

 1分の間に何回息をしているのか計ってみた。

 6.5回

 3分間では、18.5回だった。

 これは、成人男性が寝ている時の呼吸回数の半分~1/3の回数だ。座った状態での測定だった。

 酸欠で死なないのは、きっと深呼吸をしているからかもしれないと思ったが、むしろ常人より浅い呼吸しかしていなかった。要領的にはだいたい2/3。

 深く息を吸って、止めてみる。
 102秒我慢することができた。
 最後に計ったのは子どもの頃だが、当時より倍近く伸びていた。
 呼吸回数と吸引量的には200秒くらいいけるんじゃないかと思っていたが、そうはならないようだ。

 ヨガや水泳で心肺能力を鍛えている訳じゃ無い。自転車が趣味であるが、週50㌔ほど移動に使うだけでトレーニングはしたことがない。

 不思議である。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

教えるではなく、考えさせる事

 食品の裏側 2/4パート

 こちらの番組で取り扱っている内容は陰謀論者であれば既に警戒していることであり、そのことに関して当ブログで触れる必要はないが、説明の仕方が巧妙に感じたので紹介させて頂くことにした。

 食品添加物の専門家である阿部司氏(画面右側)は、あれがダメとか、これが毒だから絶対に食べちゃダメとか言わない。
 添加物のリスクとリターンを提示した上で「選ぶのは貴方です」という立場を貫いている。
 その立ち振る舞いからは怒りも、焦りも、傲りも、憤りも感じない。ただ淡々と事実を説明していく。

 これまでそれなりの数の陰謀論者の「食べちゃダメ」メディアを見てきたが、このように中立(に見える)な者で有りながら、結果的には添加物反対派に誘導できるものに出会ったことが無い。

 確実にハイリスクと解っている添加物に触れていないのは番組の都合かどうかは解らないが、アスパルテームやネオテームを出さなくてもかなりの破壊力がある。むしろ、出さないからこそ生まれる破壊力さえあると感じた。


 押しつけることは、相手の自由を奪うことだ。
 例えその行為が善意からくるものであっても、反発を招くことになる。
 反発を押し切って相手の自由を奪い去るのは、幼子の親ですら難しいことだ、たいていは失敗する。

 大切なのは「自らの意思で選んだ」という実感を与えることにある。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シルクのように気持ちよい竹布服

 朗読 以前のは速かったようでゆっくり目に


 竹布べこ

 竹布を初めて着てみた。
 肌触りが凄く良くて、ほのかに素朴な香りがして癒やされる。
 シルクのパジャマも持っていたけど、それ以上に気に入った。

 竹布には、天然の抗菌力が備わっている。
 天然と聞いて侮るなかれ、そこらの消臭とか除菌効果を唄った高性能下着?よりも遙かに高性能なのだ。
 竹には元々強い抗菌作用が含まれていて、ほおっておいても次から次へと生えてくる。
 過剰生産する為に化学肥料も農薬も撒く必要がないのは周知のことだろう。
 生産者を毒と過労に追い込み搾取する心配もない。

 他にも、吸水性(綿の約2倍)、消臭性、シルクのような肌触り、静電気が殆ど発生しない、マイナスイオンの発生効果、遠赤外線を発しやすい素材でもある。

 アレルギーを引き起こす心配も少ないし、スポーツインナーとしても優秀なようなので、サイクリング用に肌に密着する竹布を一式チョイス。

8分袖インナー
スパッツ
5本指靴下

 届いた実物をみると、控えめだが光沢があり、触れた感じは艶やかでヒンヤリとしている。まるでシルクのようだ。
 着た途端は冷たいが……着てからも冷たい。
 上着を着てもスースーしっぱなしだ。
 この装備だけで猛暑が春か秋の用に感じられるんじゃないかってくらい涼しい、というより冷たい。
 たかだか綿の2倍程度の吸水性でこれ程までの気化熱を奪われるものだろうか。いいや、ない。
 どんなに給水発刊性を追求した繊維を身につけてもこうはならなかった。

 ここに来て、肌に付けたときの吸水性と、水に直接つけた吸水性はまったの別物では無いのかという疑問が生じてきた。

                           続くかも
 

 別談


 綿について、公庫辞典ではこのように記されている。

 綿(コットン)……アオイ科ワタ属の植物の総称。一年草または木本性植物で,約40種がある。繊維作物として熱帯から温帯にかけて広く栽培されていると続くが、必要なイメージを掴むにはここまで読めば充分なので省略する。

 この綿が、洋服やシーツの素材ラベルに書かれているだけで、身体に優しいイメージが沸いてくるが、実際のところどうなのだろうか。

 ある日、ユニクロの製品を触った時のことだ。
 カサカサして、気持ちが悪い。
 どういうことだろう? 棚に良質コットンという売り文字があるのに、なぜ化学繊しか置いてないのか。

 服裏についている繊維ラベルを確認してみると、その商品はほぼ100%近くの綿と、わずかなポリウレタンで構成されていた。

 棚にある売り文句をよく読んでみると、どうやらナノテク加工されているようで、極小の毛が逆立っていて、熱を逃がさない工夫が施されているという。

 つまり、人間の肌に直接触れる部分にはナノ添付されたポリウレタンが施されているということだろうか。
 説明からして、なんだか尖っていそうである。
 
 肌は視神経の塊であると同時に呼吸器官だ。
 熱や、風や、痛みを感じるし、表面積の7割が焼ければ窒息死だ。

 一日に何時間を何ヶ月にも渡って、ナノテクポリウレタンを肌にこすりつけたら、いったいどうなるのだろうか。

 とてつもなく痒そうだ。

 もし町中の会話で、ナノテクコットンを着た人が「今日の天気は乾燥してるね、肌がカサカサするわ」と言いながら肌を引っ掻いていたら、きっと身体を張ったジョークに違いない。

 ナノテクには気をつけよう、どれもこれもロクなものがない。
 では、100%綿なら安全かと言われれば、実はそうでもない。繊維の奥の奥まで農薬入りだ。
 死の衣を羽織りたくなければ、オーガニック繊維を扱っている店に行こう。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

たまには陰謀論とはほとんど関係のないお話

 長文なので、読むのが面倒な方はN_150458.wav のダウンロードでどうぞ、読み間違えますがそこら辺はご愛敬)


 初日の試乗会は雨と暴風により中止になったので、翌日の試乗会(4月1日)に参加してきた。
 当日は晴れて本当に良かった。自分には110万円の自転車を乗る機会は滅多に無いし、なにより、シブDi2は世界でも特別な自転車であるからだ。


 単刀直入に言って化け物のようなバイクだ。
 久々に真円のチェーンリングを回して酔ってしまったが、その潜在能力の高さは感じ取れた。
 
 特筆するのであればフレーム形状だ。
http://www.specialized.com/ja/ja/bc/SBCProduct.jsp?spid=66410&scid=1101&scname=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89 

 世の中にはフレームだけで百万単位の自転車もあるが、登りのないコースでシブに敵うフレームはシブ以外に思い当たらない(リカベンドや電動自転車は除く)。
 ちまたのフレームの形状はどこもかしこも似たり寄ったりで、後はもう素材の強度と重量の睨めっこでドングリの背比べをしている状態だった。

 カーボン素材の進歩は日進月歩で、軽くて強度の高い製品が次から次へと登場している。
 Frame Alphaに至っては、380グラムという「持ったら壊れるんじゃね?」と心配になる勢いの重量だ。
http://ax-lightness.de/en/cycling/bike-components/frames/alpha-frame/
 シブフレームの半分近い重量だし、これが最強じゃん! と思う人もいるだろうが、そうはならないのが自転車の世界。(特に平地と下り)

 フレームの重量が1kgを超えることなんて、ロードバイクのラインナップでは少数派である。
 ここまで軽くなってしまうと、重さが半分になりましたとか、10分の1になりましたとか言われても、それはそれで凄いことだけど、体重計に乗ったことのある人であれば、あまり有り難みを感じないだろう?
 たまにカーボン製のボトルゲージに2~3万を注ぎ込むメタボを見かけるが、彼らは、よほどの金持ちか、カーボンボトルゲージマニアか、体重計に乗ったことが無い人なんだと思う。

 剛性に関しても同じだ、「新製法で強度が2割増の繊維ができました」とか、「負荷のかかる箇所を肉厚にし強度が3割増になりました」と言われても、触っただけではわからない。人間の方が遙かに柔らかいのだから。
 今回の試乗会でも、シブの硬さに「脚の方が負ける!」とぼやく人がいたが、正にその通り。
 例え競輪選手の脚でも、安鉄フレームの硬さにすら敵わないのだ。
 膝から下をチタン化して、先端をペダルと溶接すれば実感できるだろう、倫理的に問題があるのなら、長靴のようなビンディングシューズを履いて、中にセメントを流し込むだけでもだいぶ変わるはずだ。

 重量でも剛性でも先が開けないとなれば、あとは空力だ。
 40km/hで自転車を走らせるのに必要な力の80%は空気抵抗を相殺するのに使われている。
 もうここから先は完全に風との戦いだ。
 空気抵抗の一番の発生源は何かと言えば、またしても人間様である訳だが、肩から上を魚人に整形したり、尻にシリコンを入れてカンガルーする前に出来ることがある。
 それに挑戦したのがスペシャライズのシブだ、現在の自転車は技術的には可能であっても、国際自転車協会(UCI)の規定により空力に適した形状の自転車を作れないでいるが、シブはそれを無視したのだ。

 あのUCI規定の中でできる限りのエアロダイナミクスを追求したCERVELO S5でさえ、20ワット強の空気抵抗削減をやってのけたのだ。(40km/hの単独走でのノーマルバイクとの比較)
 規定を無視したとあれば、そわそわせずにはいられない。

 ノーマルバイクというのが何なのか気になるが、S3からのS5の変更点は次のようになる。

1.ダウンチューブを限界までタイヤに近づけ間に発生する乱気流を軽減

2.平べったい水筒で空気抵抗削減

3.1同様にシートチューブをタイヤに沿わせて隙間を減らし乱気流を軽減

4.シートステーとシートチューブの流れをスムーズにすると同時に、リヤブレーキ本体の前方をカバーすることでブレーキ部分の空気抵抗を減らしている。

 これで20ワット以上の節約が成されている、UCI規定で、しかもロードでだ。

 UCI規定を無視したTTフレームはいったいどれだけの空気抵抗を削減しているだろうか?

 シブの幅広フレームは、S5以上に高速巡航に特化した形状であることは間違いない、時給水ボトルまでフレームに内蔵した徹底ぶりからみれば、最低でも35ワットは見込める。
 筆者のスペックで40km/hを出そうとすると245ワットだから、そこから35ワットのアドバンテージを加えると……

 うん、同じ出力で42.1km/h(胴角30度)出せる。
 エアロポジションを取れば45km/h(銅角度15度)だ。(何度も言うが一番の空気抵抗は人間)
 同じエネルギー量で1時間走ったら5㌔の差が付く。
 1時間走ったら5㌔の差が付く
 1時間走ったら5㌔の差が付く

 5分走ったら、視界から消えている

 初めて買いたいと思えるフレームに出会えた。

 これまでの私が自転車に重要視してきたパーツは
1・オーシンメトリックギア
2・ビスタマジックXペダル
3・エアロポジションを可能にするDHバー(電動コンポ必項)
4・タイヤ
5・ホイール
6・靴
7・サドル
8・ブレーキ
9・給水ボトル

 てな具合で、フレームのフの字も眼中に無かった。
 さんざん金と時間をかけて軽さと硬さしか進歩しないパーツには欲情しなかったのだ。
 サーベロS5の空力、それ以上にロードのくせにスーパーエアロな異端性には驚愕したが、その時には既に電動コンポを搭載したTTバイクに心奪われていたので、触手は動かなかった。
 ではTTバイクではどうかというと、実はどれをみても似たり寄ったりで、とりあえずジャイアントのTRINITY ADVANCED SL 0が空力とカスタマイズ性で抜きに出てるかなと思ったくらい。
 そこに現れたのがシブ、非常に高い空力性、カスタマイズ性、他社では真似できない給水システムを搭載した超異端児。

 UCI規定に縛られた中での形状変形や、ドングリの背比べの硬くなった軽くなったではそうそう追いつけないポテンシャル。
 もうゾッコンです。

 不安要素としては次世代電動コンポに対応できるかどうかだが、スタッフに聞いたら「勘弁して下さい!」と言われてしまった。結構大がかりな変更らしいので、1年くらいで出てしまうなら待ちたい。金ないし。
 あとはパイプ内蔵式の給水パックの味が気になったので「試飲させて下さい」と頼んだが、丁重にお断りされてしまった。
 味に自信がないのだろうか。
 給水パックは3150円なので、スペシャ系列店で購入して飲んでみようと思う。
 水にプラスチック臭が溶け込むようなら使い物にならないので、パックを加工するなどして対処方を探すことになるだろう。
 ボトルを外付けすることだけは避けたい、エアラインが木っ端みじんになるからだ。

 次に困るのがベルやライト、ナビゲーションシステムの設置場所だ。エアロハンドルは丸みが殆どないのだ。
 そこらへんは知り合いの鉄筋工と相談することにしよう。現段階ではナビはDHバーの間に挟む予定。

 

 試乗会に参加することで心の準備が出来た。

 スタッフに聞きたいことは全て聞けた。
 乗りたい機体も10㌔ほど試乗できた。
 朝飯食べずに手ぶらで来てしまったため、会場でボルビックの美味しい水とエネルギーバーを頂戴した。
 帰りは荒川サイクリングロードを35㌔ほど下り公道を15㌔で帰宅。そのままリュックサックで市場へ行き無農薬野菜を買って家にいったん戻り、市場で買った芋をオーブンにかけ、近所のスーパーへ水を汲みに行く。
 帰ったら焼きたての芋と煮干しを食べてシャワー浴びて床につく。

 シブが脳内を駆け巡っていた。
 これをこうしよう、ああしよう、ウキウキが止まらない。
 と、思ったのもつかの間。試乗会で食べたエネルギーバーが腹に当たったようでグロッキーモードへ突入。
 一口くらいなら大丈夫だろうとタカをくくっていたのが甘かった。チョコバー並に甘かった。
 それから丸一日は解毒作業に追われることとなたった。
 こんなものを食べながらトレーニングをするだなんて、無理でなくとも無茶である。

 やはり一番の足手まといは人間だ、自転車は日々進歩しているのに何年もの昔の選手の記録がなかなか破れないでいる。
 強くなりたいのであれば、多くのスポーツ選手が抱えるこの問題を今一度真剣に考えるべきだ。

テーマ:試乗レポート - ジャンル:車・バイク

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。